Musician

Musician
Spotifyの支払いルール変更で、アーティストへの分配は少し増えるNew!!

Spotifyは今月2024年4月から年間再生数が1,000未満の曲には楽曲利用料を支払わないなどの新ルールを開始しました。まともに活動しているアーティストに正答な収益が分配される「改良」です。

Read more
Musician
エンタテインメントマーケティング提携弁護士が「Billboard's 2024 Top Music Lawyers」に選出されました

【おめでとう!】エンタテインメントマーケティングが提携している弁護士Erin Jacobsonが「Billboard's 2024 Top Music Lawyers」に選出されました。

Read more
Musician
2024年の音楽ビジネスを考える 〜「IFPI Global Music Report 2024」と「MIDIa Report」から

10年前には真っ暗だった音楽業界は、ストリーミングをテコに活況を呈しています。IFPIのレポートでは2023年、音楽産業の収益は、9年連続で成長しています。

Read more
Musician
アメリカ連邦政府のビザ発行手数料値上げはむしろ朗報かも

アメリカ連邦政府がビザの取得費用を値上げします。値上げは確かに困ったことですが、でも朗報でもあるのです。

Read more
Musician

アーティストにとってグラミー賞のノミネートは大きな意味があります。その後の活動が飛躍的に楽になるのです。みなさんも、「グラミー賞へのノミネート」を目標に、アメリカ市場で戦ってみませんか?

Read more
Musician
東南アジアは日本のアーティストにむずかしいマーケット

東南アジアの音楽マーケットはいま必ずしも日本のアーティストに優しいわけではありません。まずはマーケットを分析してみましょう。

Read more
Musician
CDを作ろう

「いまどきCDなんて聞いている人はいない。お金もかかるし、CDなんて作らない」というアーティストがいます。もったいないことだと思います。

Read more
Musician
日本国外の演奏で使用する機材にカルネを取得する方法

これまでは、カルネがなくても楽器等の機材の持ち込みが問題になることはありませんでした。最近は規則の遵守化が進んでいるようですので、日本国外で演奏活動をする際には、カルネの取得を考えてください。

Read more
Musician
【アメリカ】アーティスト・ビザ申請の方法(5) 領事館での面接

このページでは、アーティストとそのサポート要員のアメリカのビザの申請の方法のうち「領事館の面接」を解説します。

Read more
Musician
【アメリカ】アーティスト・ビザ申請の方法(4) 面接申込み

このページでは、アーティストとそのサポート要員のアメリカのビザの申請の方法のうち「領事館の面接の申込み」を解説します。

Read more