1

Billboard Hot 100 の上位10曲 2022年08月20日付

Billboard Hot 100 2022/08/20付
http://www.billboard.com/charts/hot-100

ChartExpressが公開している「Billboard Hot 100 Single Charts | Top 10 | Aug 20, 2022 | ChartExpress」は、

BillboardのSpotifyの公式Billboard Hot 100プレイリストは、

1. 'Break My Soul' Beyonce
Beyonce ’Break My Soul'

2. 'As It Was' Harry Styles
3. 'About Damn Time' Lizzo
4. 'Running Up That Hill (A Deal With God)' Kate Bush
5. 'Staying Alive' DJ Khaled Featuring Drake & Lil Baby
6. 'Bad Habit' Steve Lacy
7. 'Wait For U' Future Featuring Drake & Tems
8. 'Sunroof' Nicky Youre & dazy
9. 'First Class' Jack Harlow
10. 'Bad Decisions' benny blanco, BTS & Snoop Dogg

今週も1位はBeyonceの'Break My Soul'。この曲はグローバルで7位、アメリカを除いたグローバル・チャートではトップ10圏外。グローバルで2位、アメリカを除いたグローバルで1位のBizarrap & Quevedoの'Bzrp Music Sessions, Vol. 52'は、とうとうアメリカのHot 100圏外に出てしまいました。アメリカのヒット・チャートが世界を席巻する時代は終わりつつあるのでしょう。

Billboard Global 200 2022/08/20付

Billboard Global 200 ex. U.S. 2022/08/20付

トップ10初登場曲は2曲。5位のDJ Khaled Featuring Drake & Lil Babyの'Staying Alive'と10位のbenny blanco, BTS & Snoop Doggの'Bad Decisions'。トップ10初登場曲を複数発表するのはなんだか久しぶりのような気がします。




Billboard Hot 100 の上位10曲 2022年08月13日付

Billboard Hot 100 2022/08/13付
http://www.billboard.com/charts/hot-100

ChartExpressが公開している「Billboard Hot 100 Single Charts | Top 10 | Aug 13, 2022 | ChartExpress」は、

BillboardのSpotifyの公式Billboard Hot 100プレイリストは、

1. 'Break My Soul' Beyonce
Beyonce ’Break My Soul'

2. 'About Damn Time' Lizzo
3. 'As It Was' Harry Styles
4. 'Running Up That Hill (A Deal With God)' Kate Bush
5. 'Wait For U' Future Featuring Drake & Tems
6. 'First Class' Jack Harlow
7. 'Bad Habit' Steve Lacy
8. 'Me Porto Bonito' Bad Bunny & Chencho Corleone
9. 'Sunroof' Nicky Youre & dazy
10. 'Late Night Talking' Harry Styles

今週は1位が久々に動いた週。1位はBeyonceの'Break My Soul'。

Beyonceはアルバム'Renaissance'も1位。このアルバムを聞いて実に思ったのは、歌詞から政治的なことや社会問題のことがすっかりなくなってしまっていることと、サウンドもハウス・ミュージックど真ん中で、ヒップ・ホップの影もほとんどなくなっていることでした。ドナルド・トランプが大統領選挙で優勢になって以来続いてきた音楽の世界での「政治の季節」が終わりつつあるのでしょうか。

トップ10初登場はNicky Youre & dazyの'Sunroof'1曲です。この曲がリリースされたのは2021年の11月26日ですからリリースからずいぶんと時間が経っているのですが、徐々にTikTokでブレイクしてきた曲です。

ご覧のとおり、脳天気な曲であります。TikTokの短い脳天気なビデオでイントロが使いやすいですね。




Billboard Hot 100 の上位10曲 2022年08月06日付

Billboard Hot 100 2022/08/06付

http://www.billboard.com/charts/hot-100

ChartExpressが公開している「Billboard Hot 100 Single Charts | Top 10 | Aug 06, 2022 | ChartExpress」は、

BillboardのSpotifyの公式Billboard Hot 100プレイリストは、

1. 'About Damn Time' Lizzo
Lizzo
2. 'As It Was' Harry Styles
3. 'Running Up That Hill (A Deal With God)' Kate Bush
4. 'First Class' Jack Harlow
5. 'Wait For U' Future Featuring Drake & Tems
6. 'Break My Soul' Beyonce
7. 'Late Night Talking' Harry Styles
8. 'Me Porto Bonito' Bad Bunny & Chencho Corleone
9. 'I Like You (A Happier Song)' Post Malone Featuring Doja Cat
10. 'Heat Waves' Glass Animals

今週は先週に引き続き1位はLizzoの'About Damn Time'。

トップ10初登場は9位のPost Malone Featuring Doja Catの'I Like You (A Happier Song)'。まさしくハッピーな曲なので、こういう曲がトップ10に入って良かった、と思います。

グローバルのトップも先週と変わらずBizarrap & Quevedoの'Bzrp Music Sessions, Vol. 52'。アメリカでは98位に初登場なんですが、中南米を中心にものすごい人気ですね。

Billboard Global 200 2022/08/06付

Billboard Global 200 ex. U.S. 2022/08/06付




Billboard Hot 100 の上位10曲 2022年07月30日付

Billboard Hot 100 2022/07/30付

http://www.billboard.com/charts/hot-100

ChartExpressが公開している「Billboard Hot 100 Single Charts | Top 10 | Jul 30, 2022 | ChartExpress」は、

BillboardのSpotifyの公式Billboard Hot 100プレイリストは、

1. 'About Damn Time' Lizzo
Lizzo
2. 'As It Was' Harry Styles
3. 'Running Up That Hill (A Deal With God)' Kate Bush
4. 'First Class' Jack Harlow
5. 'Wait For U' Future Featuring Drake & Tems
6. 'Me Porto Bonito'Bad Bunny & Chencho Corleone
7. 'Break My Soul' Beyonce
8. 'Heat Waves' Glass Animals
9. 'Late Night Talking' Harry Styles
10. 'Jimmy Cooks' Drake Featuring 21 Savage

今週は僕が大好きなLizzoの'About Damn Time'が初の1位。
先週まで10週1位だったHarry Stylesは'As It Was'が2位に落ちて'Late Night Talking'がトップ10入り。

Lizzoは今週リリースのアルバム'Special'がアルバム・チャートで2位に初登場しています。やっぱり、力のあるリード曲はアルバムに先行してリリースしないといけませんね。これは昔ながらのセオリー通りです。

グローバルではBizarrap & Quevedoの'Bzrp Music Sessions, Vol. 52'が初の1位。この曲はアメリカでは100位にも入っていません。

Billboard Global 200 2022/07/30付

Billboard Global 200 ex. U.S. 2022/07/30付


アルゼンチンのプロデューサー・シンガーのBizarrap(日本語表記は「ビザラップ」でいいのか?)とスペインのQuevedo(日本語表記は「ケベード」?)によるこの曲はアルゼンチンおよびスペイン出身のアーティストによる初の首位獲得となります。
「Vol.52」となっているこの'Bzrp Music Sessions'シリーズはもともとYouTubeのシリーズです。

Bizarrap - YouTube

Productor Musical || Buenos Aires, Argentina

Bizarrapがさまざまなゲストを迎えてYouTubeでシリーズ化していたものの52曲めがグローバル首位になったのですね。




Billboard Hot 100 の上位10曲 2022年07月23日付

Billboard Hot 100 2022/07/23付

http://www.billboard.com/charts/hot-100

ChartExpressが公開している「Billboard Hot 100 Single Charts | Top 10 | Jul 23, 2022 | ChartExpress」は、

BillboardのSpotifyの公式Billboard Hot 100プレイリストは、

1. 'As It Was' Harry Styles
Harry Styles 'As It Was'
2. 'About Damn Time' Lizzo
3. 'First Class' Jack Harlow
4. 'Running Up That Hill (A Deal With God)' Kate Bush
5. 'Wait For U' Future Featuring Drake & Tems
6. 'Me Porto Bonito' Bad Bunny & Chencho Corleone
7. 'Heat Waves' Glass Animals
8. 'Jimmy Cooks' Drake Featuring 21 Savage
9. 'Break My Soul' Beyonce
10. 'Big Energy' Latto

今週も1位はHarry Stylesの'As It Was'。もう10週も1位です。その他、ヒット・チャートに波乱は全くなく、トップ10初登場曲もありません。

10週も1位を続けるHarry Stylesの'As It Was'ですが、僕には全くいい音に聞こえません。毎週この記事を書く度に聞き直すし、ラジオを聞いていても頻繁にかかるのですが、どうしてもいい音とは思えないのです。それに対して今週2位のLizzoの'About Damn Time'の音はお気に入りです。1980年代、90年代のディスコ・ミュージックの音を現代風にしたような音づくりだからでしょうか。
この仕事を始めたばかりの若いころ、先輩に「いい音ってどんなもんですか?」と聞いたら即座に「そりゃ、売れる音だよ」とキッパリ言われ、「なるほどなぁ」と、一言も言い返せずに今に至っていますw
もし「売れる音」がいい音なら'As It Was'の音はいい音のはずなんだけれど、どうも納得できないんですよね。
昔のアナログ時代のレコーディング・スタジオに設置してあったような超高級オーディオで音の細かいところにこだわり、超高級じゃない普通のオーディオ・セットで聞いている一般の人には聞こえないようなことに時間をかけるのはばかみたいだと思います。でも、送り手としては少しでもいい音、自分が納得する音で届けたいというのが普通の気持ちだと思います。多分、Harry Stylesとこの曲のプロデューサーはこれがいい音なんだと信じてリリースしてるんだもんね。
この仕事をずっとやっていても、このことはずーっと考えていることです。




Billboard Hot 100 の上位10曲 2022年07月16日付

Billboard Hot 100 2022/07/16付
http://www.billboard.com/charts/hot-100

ChartExpressが公開している「Billboard Hot 100 Single Charts | Top 10 | Jul 16, 2022 | ChartExpress」は、

BillboardのSpotifyの公式Billboard Hot 100プレイリストは、

1. 'As It Was' Harry Styles
Harry Styles 'As It Was'
2. 'About Damn Time Lizzo
3. 'First Class' Jack Harlow
4. 'Running Up That Hill (A Deal With God)' Kate Bush
5. 'Wait For U' Future Featuring Drake & Tems
6. 'Jimmy Cooks' Drake Featuring 21 Savage
7. 'Me Porto Bonito' Bad Bunny & Chencho Corleone
8. 'Heat Waves' Glass Animals
9. 'Break My Soul' Beyonce
10. 'Big Energy' Latto

今週も1位はHarry Stylesの'As It Was'。毎年1曲は「夏の曲」があるのですが、今年はこの曲ですね。2年前もHarry Stylesの'Watermelon Sugar'でしたけど。

今週の話題は、グローバル1位がKate Bushの'Running Up That Hill (A Deal With God)'になっていることです。

Billboard Global 200 2022/07/16付

Billbaord Global 200 ex. US 2022/07/16付
この曲のヒット要因はNetflixのドラマ「ストレンジャー・シングス4」に効果的に使われたことです。この曲は1985年の曲ですが、このタイアップによって生き返ったのですね。
「ストレンジャー・シングス4」では、別の奇跡も起こしており、我らがMetallicaの'Master of Puppets'がアメリカで40位、イギリスでは22位に入りました。

ドラマの中では、こんな使い方がされています。

世界的にNetflixのパワーはすさまじく、「ヨーロッパのもの」だったF1グランプリがアメリカで一気に人気が出て、これまで年1回しかなかったアメリカでの開催が今年は2回、来年からは3回に増えるのです。

https://www.netflix.com/jp/title/80204890

日本の朝のワイド・ショーでお片付けの方法を指南していた近藤麻理恵(こんまり)さんはNetflixの『KonMari 〜“もっと”人生がときめく片づけの魔法』で世界的な人気者になってしまいました。

https://www.netflix.com/jp/title/81231940

ちなみにこの番組は「デイタイム・エミー賞」を受賞しました。

筆者はCDが華やかだった時代にコマーシャルやアニメのタイアップ作品を数多く手掛けていました。当時の世界的ヒットは「トップガン」とか「フラッシュ・ダンス」といったハリウッド映画に楽曲が効果的に使われて生まれていました。これ日本ではコマーシャルという舞台でやってやろうと、若かりし筆者は頑張っていたのですね。その後タイアップという手法では楽曲の人気が出ない時代になったので、このビジネスは長くやっていませんでした。
世界的には、いままたこのような時代がグルっと回ってやってきたようです。新型コロナウイルス感染症で変化した暮らしで、Netflixのような自宅で楽しめるエンタテインメントが影響力を持つようになったのですね。
筆者がサポートしている日本のアーティストNEMOPHILAは、アメリカでAcuraというブランドのスポーツカーのコマーシャルに楽曲を使ってもらっています。これもタイアップですね。

また、こういう手法に取り組んでみようかと考えています。




Billboard Hot 100 の上位10曲 2022年07月09日付

Billboard Hot 100 2022/07/09付

Billboard Hot 100 – Billboard

THE WEEK’S MOST POPULAR CURRENT SONGS ACROSS ALL GENRES, RANKED BY STREAMING ACTIVITY FROM DIGITAL MUSIC SOURCES TRACKED BY LUMINATE, RADIO AIRPLAY AUDIENCE IM…

ChartExpressが公開している「Billboard Hot 100 Single Charts | Top 10 | Jul 09, 2022 | ChartExpress」は、

BillboardのSpotifyの公式Billboard Hot 100プレイリストは、

1. 'As It Was' Harry Styles
Harry Styles 'As It Was'
2. 'First Class' Jack Harlow
3. 'About Damn Time' Lizzo
4. 'Wait For U' Future Featuring Drake & Tems
5. 'Jimmy Cooks' Drake Featuring 21 Savage
6. 'Running Up That Hill (A Deal With God)' Kate Bush
7. 'Break My Soul' Beyonce
8. 'Me Porto Bonito' Bad Bunny & Chencho Corleone
9. 'Heat Waves' Glass Animals
10. 'Glimpse Of Us' Joji

今週の1位はHarry Stylesの'As It Was'。アメリカで1位だがグローバルでも1位。

Billboard Global 200 2022/07/09付

Billboard Global 200 ex. US 2022/07/09付

世界中の人が、こういう甘ったるい曲が好きな時代になってきているのね。

甘ったるいといえば今週7位にトップ10初登場のBeyonceの'Break My Soul'も十分甘ったるい。Beyonceが久しぶりに新しい曲を出すというので、相当重苦しい内容を想像していたのだけれど、十分甘いんです。

歌詞の中身は「あなたに私の魂を壊すことはできない」「みんな頑張れ」っていう感じです。
「Variety」誌は7月29日に出るBeyonceのアルバムの中身を推測していて、ダンス半分、カントリー半分になるんじゃないか、と。いったいどんなアルバムだ?(笑)

Beyonce's 'Renaissance' to Include Dance, Country Tracks - Variety

Just hours after Beyoncé announced that her forthcoming sixth solo album, “Renaissance,” will be arriving on July 29, Variety received more information on the …




Billboard Hot 100 の上位10曲 2022年07月02日付

Billboard Hot 100 2022/07/02付
http://www.billboard.com/charts/hot-100

ChartExpressが公開している「Billboard Hot 100 Single Charts | Top 10 | Jul 02, 2022 | ChartExpress」は、

BillboardのSpotifyの公式Billboard Hot 100プレイリストは、

1. 'Jimmy Cooks' Drake Featuring 21 Savage
Drake
2. 'As It Was' Harry Styles
3. 'First Class' Jack Harlow
4. 'Wait For U' Future Featuring Drake & Tems
5. 'About Damn Time' Lizzo
6. 'Sticky' Drake
7. 'Falling Back' Drake
8. 'Glimpse Of Us' Joji
9. 'Running Up That Hill (A Deal With God)' Kate Bush
10. 'Heat Waves' Glass Animals

今週は1位にDrake Featuring 21 Savageの'Jimmy Cooks'が入りました。

6位にDrakeの'Sticky'が初登場、

7位にもDrakeの'Falling Back'が初登場しています。

今週アメリカで8位の日本国籍のJojiの'Glimpse Of Us'は、グローバルで2位になりました。
Billboard Global 200 2022/07/02付
Billboard Global 200 ex.US 2022/07/02付

素晴らしいピアノ・バラードですが、ミュージック・ビデオも素晴らしいので、ぜひ見てみてください。




Billboard Hot 100 の上位10曲 2022年06月25日付

Billboard Hot 100 2022/06/25付
http://www.billboard.com/charts/hot-100

Billboard Daily Chartsが公開している「Extended Edit! Billboard Hot 100 - Top 50 Singles Of The Week (June 25th, 2022)」は、

BillboardのSpotifyの公式Billboard Hot 100プレイリストは、

1. 'As It Was' Harry Styles
Harry Styles 'As It Was'

2. 'First Class' Jack Harlow
3. 'Wait For U' Future Featuring Drake & Tems
4. 'About Damn Time' Lizzo
5. 'Running Up That Hill (A Deal With God)' Kate Bush
6. 'Heat Waves' Glass Animals
7. 'Big Energy' Latto
8. 'Me Porto Bonito' Bad Bunny & Chencho Corleone
9. 'Titi Me Pregunto' Bad Bunny
10. 'Glimpse Of Us' Joji

今週も1位はHarry Stylesの'As It Was'で変わらず。

今週の話題は10位にJojiの'Glimpse Of Us'が初登場で入ったこと。

Jojiは神戸市出身の29歳。日本国籍です。なんでも日本国籍者が活躍するのが好きな日本の朝のワイドショーなどで「日本人がBillboardでトップ10デビュー」とか大騒ぎするんじゃないかと思っていましたが、全然話題にならないですねw
18歳でアメリカに渡り、最初はコメディ・タッチのYouTuberとして活動していましたが、2017年に芸名を本名ジョージ・楠木・ミラーの一部を取ってJojiと変えて、YouTubeをやめて音楽活動に専念してきました。この曲は彼のアメリカ・シングル・チャート最高位で、ニュージーランドで2位、オーストラリアで4位など、グローバルでも上位にいます。

Billboard Global 200 2022/06/25付

Billboard Global 200 ex US 2022/06/25付




Billboard Hot 100 の上位10曲 2022年06月18日付

Billboard Hot 100 2022/06/18付
http://www.billboard.com/charts/hot-100

ChartExpressが公開している「Billboard Hot 100 Single Charts | Top 10 | Jun 18, 2022 | ChartExpress」は、

BillboardのSpotifyの公式Billboard Hot 100プレイリストが全然更新されないので筆者が作成したプレイリストは、

1. 'As It Was' Harry Styles
Harry Styles 'As It Was'

2. 'First Class' Jack Harlow
3. 'Wait For U' Future Featuring Drake & Tems
4. 'Running Up That Hill (A Deal With God)' Kate Bush
5. 'About Damn Time' Lizzo
6. 'Heat Waves' Glass Animals
7. 'Big Energy' Latto
8. 'Me Porto Bonito' Bad Bunny & Chencho Corleone
9. 'I Like You (A Happier Song)' Post Malone Featuring Doja Cat
10. 'Titi Me Pregunto' Bad Bunny

今週も1位はHarry Stylesの'As It Was'。強い。

トップ10初登場は9位のPost Malone Featuring Doja Catの'I Like You (A Happier Song)'。

そんなことよりグローバル・チャート。なんと1位はKate Bushの'Running Up That Hill (A Deal With God)'。

Billboard Global 200 2022/06/18付

Billboard Global 200 ex U.S. 2022/06/18付

アメリカを計算外にしても2位です。
この曲は1985年の曲で、Netflixで5月27日にスタートした作品「Stranger Things 4 Season(ストレンジャー・シングス 未知の世界4)」の重要なシーンにこの曲が使われたのがグローバルで1位になった理由です。主人公たちがこの曲を爆音でかけてモンスターを撃退するのです。

https://www.netflix.com/jp/title/80057281


本当に、Netflixの力は世界的です。
「The High Note(日本タイトル:ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢)」という映画があります。

この映画は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの初期に公開され、パンデミックの影響をモロに受けて散々な興行成績に終わった音楽映画ですが、とてもおもしろい映画です。アメリカ音楽が好きだったら、夢中になるかもしれません。アマゾン・プライム・ビデオやdTVなどで見られるので、よかったら見てください。この映画の中に、往年のスターが洋服を処分するシーンが出てくるのですが、その時に「ときめくか、ときめかないか」で処分する洋服を選んでいくんです。そうです、コンマリさんのNetflix作品「KonMari 〜"もっと"人生がときめく片づけの魔法〜」そのものなんですね。

https://www.netflix.com/jp/title/81231940

アメリカがすっかりポスト・コロナになっている今年はやはりNetflixとTikTokの動向から目が離せないですね。